【今すぐできる】SEOは検索順位の毎日のチェックが成功への近道!




御社では検索結果の順位をチェックしていますか?
 

御社のウェブサイトが検索エンジンの検索結果ページの何ページ目に表示されているか、把握できていますか?そして検索結果に表示される順位は、日々変動しているということを知っていますか?

 

ウェブサイトが検索結果ページのどの位置に表示されているかどうかという現状把握ができていなければ、対策の効果や改善点を見出すことはできません。

 

検索エンジンに表示される順位は日々、変動しています


検索エンジンは検索ユーザーにとって最適な検索結果を提供するために、常にウェブサイトを巡回し、サイトで取り扱われているコンテンツを分析して、検索結果を表示するプログラム(アルゴリズム)の調整や修正を行っています。

 

また、インターネット上ではいくつもの新しいサイトが立ち上がり、次々とページが更新されていくので、日々、検索結果が変動することは必然的なことです。

 

つまり、1度検索して自社のサイトの順位を知ったとしても、明日も同じ順位で表示されるとは限らないため定期的に検索順位をチェックする必要があります。

 

大切なことは、順位を確認するキーワード選び


検索結果の順位を確認する上で、最も重要なことは何でしょうか?

それは「ターゲットユーザーが検索するキーワードを用いて順位をチェックする」ということです。

 

ユーザーがあまり検索しないキーワードや、サイトで提供している情報やサービス内容との関連性が低いキーワードで上位に表示されても意味はありません。たとえ今の順位が低くても、ターゲットユーザーが実際に検索で使用するキーワードで定点観測することが何よりも重要です。

ユーザーが検索で使う意味のあるキーワードを選定することを心がけてください。

 

ferret Oneをご利用のお客様は、マーケティングのトレーニングで作成した元素ワードと複合キーワードを組み合わせたものを定点観測に使うことをお勧めします。

 

まずは実際に検索して順位を把握しよう


定点チェックするキーワードが決まったら、実際に検索して順位を調べてみましょう。

 

もっとも簡単な方法はGoogleで実際に検索してみることですが、その際のブラウザにはGoogle Chromeを使用し、「シークレットウィンドウ」の機能を使うようにしましょう。

 

表示された検索結果を見ていき、自社のサイトが何ページ目のどの位置にあるかを目視でチェックしていきます。

 

さて、御社のサイトの順位は何位だったでしょうか?

ちなみにSEO順位計測においては、100位以降は「圏外」として扱うことが一般的です。

 

順位は毎日計測してこそ効果があります


検索結果をチェックしてみて、いかがでしたでしょうか?

これを毎日のルーチンワークとして実施することはできるでしょうか?

 

実際にやってみると、毎日この作業を行うのは難しいと感じるのではないでしょうか?

定点観測するキーワードが1つの場合はともかく、複数のキーワードをチェックする場合はなおさらです。

 

このような問題を解決するために、SEO順位を計測する機能を利用しましょう。

 

ferret Oneでは「SEO順位チェック」の機能を使うことで、簡単に定点観測を行うことができます。

使い方は簡単で順位を定点観測したいキーワードを登録するだけです。

 



キーワードを登録しておけば、あとは自動的に日々の順位が記録されます。

 



前日比をチェックして、変動幅が大きいものがないかどうか確認しましょう。

 

 

 

月内の順位変動をグラフで確認することもでできます。頻繁に順位が変動するキーワードは、特にチェックするようにしましょう。
 

順位が変動した時はどう対処すれば良いか?


このように定点観測を行っていると、順位が上がったり下がったりしていることが確認できます。では、順位が変動した場合はどのように対処したら良いでしょうか?

 

まず、順位変動の幅に着目します。

 

順位の変動が±1〜3位くらいのときは、様子を見る段階です。

この時点で慌ててページの情報を更新したり、何か手を打つということはしなくて良いでしょう。

 

対処が必要なのは順位が下がったときですが、数日経過しても順位が戻らない場合は、ページのタイトルやディスクリプションを見直してみましょう。

 

順位の変動が10位以上の場合は、すぐにページタイトルの見直しやコンテンツ内容、ボリュームのチェックを行いましょう。もしコンテンツの内容がユーザーの期待に応えられてないようだったり、ボリュームが足りないようであれば修正を行いましょう。

 

順位が一気に「圏外」となった場合は要注意です。

ページがインデックスされているかどうか。Googleサーチコンソールに、Googleからメッセージが届いていないかを確認しましょう。

もしGoogleから問題を指摘するメッセージが届いていた場合は速やかに対処する必要があります。

 

まとめ

 

もし検索エンジンに表示される順位をチェックしていなければ、ウェブサイトの訪問数が増減した場合の理由を把握することが難しくなりますし、問題があった場合の解決方法を見出すこともできなくなります。

 

SEOに限ったことではありませんが、施策を行なうことと同様に結果をチェックすることが大切です。機能を使うことで作業負担も大幅に軽減できるので活用していきましょう。

 

変化を捉え、適切に対処することでできれば影響を最小限に抑えることができますので、これまで順位をチェックをしてなかった方は早速今日から始めてみましょう!


稲船 祐介

稲船 祐介

Webマーケティング事業部 ferret One マネージャー ferret Oneの立ち上げメンバーとして、プロダクト開発やサービス設計を担当。 また、トレーニングセンターのマネージャーとして日々、お客様と共にWebの課題と向き合っています。

お問い合わせ

ferret Oneへのご質問を受け付けております。お気軽にお問い合わせくださいませ。

この内容で送信します。よろしいですか?