シェアされたときの魅力的な画像を設定しよう

シェアされたときの魅力的な画像を設定しよう


これが目を引くOGP画像の選び方
 

どのような画像を選べば、SNSでよりシェアされるようになるでしょうか。
ここではferret Oneを使ってのOGPの設定の仕方、OGP画像の選び方のコツなどを紹介しています。

 

OGP画像ってなんだろう

 

はじめに、OGPとはOpen Graph Protcolの略称で、FacebookやTwitter、mixiなどのSNSでシェアされた際に、そのページのタイトル・URL・概要・アイキャッチ画像(サムネイル)を意図した通りに正しく表示させる仕組みです。

OGP画像とはその中のアイキャッチ画像を指します。SNSなどでシェアした時に、画像が表示されますよね。
それを設定することにより、下図のように表示され、よりシェア=拡散されやすくなります。


FacebookとTwitterでの表示

ferret OneでのOGP画像の設定のしかた



通常、OGPは専用のコードをWebサイトやホームページのソースに埋め込むことで実装することができますが、ferret Oneを使えば直感的にOGPを設定することができます。

OGPは下記の3箇所から設定できます。
 

ページ編集から設定する


サイト編集>ページ一覧>ページ編集>OGP設定


 

OGP一括編集から設定する


サイト編集>OGP一括編集




 

ブログから設定する。※ブログ記事の場合


ブログ>記事一覧>編集>OGP設定


 

OGP画像の選び方のコツ 

 

まずは大前提として記事の内容とイメージが合っているものが望ましいです。
よく使われているのは、風景、人物、食べ物などがあると思います。
それぞれどのような点に注意すればいいのでしょうか?
 

風景の写真を使う場合

 

風景は大きく分けて、【自然】【街並み】に分けられると思います。
自然は癒される効果があり、心洗われるような感覚になります。
健康的なイメージが強いので、健康系の記事によく合います。

街並みもヨーロッパの風景など絵葉書のような画像はユーザーの目を惹きます。
ビル街はビジネス系などの記事テーマに使えます。


風景と建物

 

人物の写真を使う場合


記事テーマがあまり知られてない意外な内容だったら、驚いている人物の写真を使うとか、疑問を投げかけるような内容だったら何かを不思議に思っている表情を使ったりするなど、テーマに合った表情や動作を選びましょう。

人物の顔は見る人に一番インパクトを与えます。

またサイトのイメージを合わせるために、人の顔は入れる入れない、子どもの画像は使う使わないなどのレギュレーションを決めておくといいでしょう。
 

食べ物の写真を使う場合

 

やはり美味しそうに写っている画像が好ましいです。
余力があればAdobe Photoshopなどの画像編集ソフトで加工してもいいでしょう。

人物と食べ物
 

画像サイズはどうすればいいの??

 

  • 推奨サイズは「1200px×630px」
  • 最低でも「600px×315px」にする
  • 縦横比は「1.91:1」
     

Facebookに関しては、OGPシュミレーターがあるので、こちらでどのように表示されるかチェックしてみましょう。
 http://ogimage.tsmallfield.com/

※ ​ferret Oneでは、1200px×630pxが推奨サイズです。

 

画像はどこで用意するの??​

  

ネットで素材集を探す

 
どちらの方法でもいいのですが、時間がない場合はやはり画像に素材集などが便利です。
ただしネットで写真やイラストを商用利用する場合、著作権や肖像権を侵害しないものをお選びいただく必要があります。
フリー画像を利用される際も配信サイトの利用規約によっては利用範囲が制限される場合がありますのでご注意ください。

 

有料・無料で使えるサイトをいくつか紹介します。

 

有料

■Shutterstock(シャッターストック)
https://www.shutterstock.com/
アメリカのサービスなので、日本人の画像は少なめですが、風景や食べ物などは高品質でかなり使いやすい画像が揃っています。

■paylessimages(ペイレスイメージズ)
http://www.paylessimages.jp/

日本人の写真が豊富です。イラストも多く使いやすいものが多いです。
  

無料

■Unsplash
https://unsplash.com/

海外フリー写真素材サイトです。
商用利用可能、クレジット表記不要、ユーザー登録不要で使えるので、大変便利です。
日本語には対応していませんが、高品質な写真がたくさんあります。

■素材ページ
http://www.sozai-page.com/

商用利用可能、クレジット表記不要、ユーザー登録不要で使えます。
料理・食材専門のオリジナル写真素材をコレクションしている無料フォトストックサイト。3000dpiの白背景で撮影された素材は、自分で加工するのにうってつけです。
 

自分で作成する場合

 

自分自身で撮影したり、プロのカメラマンに頼むなどして、写真を用意しましょう。その写真を元にAdobe IllustratorやAdobe Photoshopなどの画像編集ソフトを利用して作るとオリジナルなものができます。撮影する写真は高解像度で、枚数も多めに撮っておくといいでしょう。
 

まとめ

 

OGP画像は文字よりも先に目に入る情報です。内容をひと目で伝えること、そして興味をひくような画像を選ぶこと、適切な画像サイズで作成することが大切です。

人物の表情などでインパクトを出したり、風景などの印象に残る画像を設定したり、高品質のものを設定するとよいでしょう。
 


ferret Oneトレーニングセンター

ferret Oneトレーニングセンター

お問い合わせ

ferret Oneへのご質問を受け付けております。お気軽にお問い合わせくださいませ。

この内容で送信します。よろしいですか?