ferret One スターターガイド セクション4

コンテンツの用意/ページ作成

 

このセクションでは、ウェブサイト自体の構成やコンテンツとなる記事を用意し、

その後、実際にferret Oneで記事ページを一つ作ってみたいと思います。

 

サイト作成を進めながら、少しずつ操作の感覚を掴んでいきましょう。
 

目次

1.コンテンツを用意する

◆記事のもととなるキーワードを選ぶ


まずはセクション3で列挙した複合ワードをもとに、サイトのコンテンツとなる記事を作成していきます。

 

・検索ボリュームの多いキーワード

・設定したペルソナとの相関性の高いもの

・自社の強みとなるワード

 

の中から1つ選び、コンテンツとなる記事を書いてみましょう。テーマの決め方、書き方の形式などは、次の手順で説明していきます。

なお、使用するツールは、Microsoft WordやGoogle ドキュメント、メモ帳など、使いやすいテキスト編集ソフトをご利用ください。
スターターガイドシートの質問に沿って、整理していきましょう。

 

 

◆記事のアウトラインを作成する

大まかな記事のアウトラインを作成しましょう。
ここでは本文そのものでなく、文中の構成要素をそれぞれ数行で書き出してみます。
 

<必要な構成要素>

記事の概要
記事の大まかな流れを明確にします。

例:中小企業のウェブ担当者を対象に、ウェブマーケティングに使えるツールをランキング形式で紹介する。
 

記事の目的
記事の目的を整理します。

例:他の業務もありなかなか時間が取れないウェブ担当者の負担を減らしたい。

 

 

◆フレームワークに沿って書く

記事コンテンツを書く前に大まかなフレームワークを確認しておきましょう。

記事の種類によってフレームワークもさまざまなものがありますが、

これだけは押えておきたいというポイントに絞って紹介していきます。

 

記事の目的

特に記事で表現する必要はありませんが、これから書く記事で達成したい目的は何かを明確にしておく必要があります。

たとえば、「仕事効率化ツールを紹介する」というテーマの記事において、

「ユーザーの仕事スピードの効率化に貢献したい」という目的を達成する、といった具合です。

 

テーマ

この記事でどんなことを書くのかを明確にします。 記事の最初の部分に、リード文として記述しておくようにしましょう。

文頭で記事のテーマを明らかにしておくことによって、 読み手にとって読む価値のある記事なのか、

希望する情報が入っているものなのか、という判断の目安とすることができます。

 

記事のタイトル

記事のタイトルを設定します。検索エンジンでの表示結果も考慮して35文字程度にするのがよろしいでしょう。

また、これは少し経験が必要となりますが、一目見て興味をそそられるようなタイトルにすることを心がけましょう。

日頃から他のサイトのタイトルの付け方などをチェックしておくのも一つの手です。

 

 

2. ferret Oneでページを作成しよう

いよいよferret Oneを実際に操作し、作成した記事コンテンツをferret One上に落とし込んでいきましょう。

とは言いつつも、どうやって操作すればいいか分からない、という方も多いかもしれません。
ここでは、基本的な操作方法を解説していき、ferret Oneでページ作成ができるレベルまで進めていきたいと思います。

◆操作画面の見方

下の写真は、ferret Oneにログインして最初に出てくる画面です。

大きく分けて3つのセクションに分かれているので、それぞれを紹介します。

なお、今の段階ですべての部品を覚える必要はありません。

サイト作成・公開・更新を重ねつつ、機能を利用しながら覚えていきましょう。

なお、メニュー画面の部品を下記に解説します。

 

 

ナビゲーション

項目

説明
ferret Oneロゴ ferret Oneのロゴです。クリックするとトップに戻ることができます。
通知 ferret Oneからの通知を表示します。ウェブサイトの改善アドバイスや、更新情報などをここで確認することができます。
ヘルプ

このはてなマークをクリックするとヘルプセンターに行くことができます。
何かferret Oneで分からない点があった場合はヘルプセンターで確認するとよいでしょう。

公開ページ

公開しているウェブサイトへのリンクです。
ページ一覧で一番上にあるページに遷移します(ただしサイト自体を公開設定にする必要があります)。

ウェブサイトタイトル 自アカウントで管理しているウェブサイトのタイトルです。
ログインアドレス

現在ログインしているアドレスが表示されます。

 

メニュー

項目

説明
ダッシュボード トップで表示されるメニューです。ウェブサイトの解析状況を概観することができます。
コンバージョンサマリー コンバージョン状況を確認することができます。

レポート

詳細なアクセス解析の状況を確認することができます。
ページごとや流入元、地域別、デバイス別など、さまざま角度から解析することができます。

サイト編集

ウェブサイトの制作・編集はすべてここから行います。
ページ作成、入力フォーム・CTAの作成、解析設定などが行えます。

リード管理

お問い合わせ内容の確認、見込み顧客の管理を行うことができます。
設置したお問い合わせフォームに送信したユーザーとのやり取りや、ユーザーが入力したアドレスをリストにして確認することができます。

メールマーケティング

販促メール(キャンペーンと呼ばれる)やステップメールを作成することができます。
お問い合わせしてきたユーザーに対して、自社商品の販促を行ったり、商品を購入したユーザーのアフターフォローを行うことができます。

ソーシャル投稿

ferret Oneで制作したウェブサイトとSNSアカウントを連携することができます。
作成したウェブサイトのコンテンツをSNSで投稿する作業がferret Oneで完結することができます。

SEO順位チェック

登録したキーワードの検索エンジンでの順位変動をチェックすることができます。
ペルソナに沿ったキーワードを選定していると思いますが、それらのキーワードの順位を確認することで、どのキーワードをコンテンツに含めるべきか、自社コンテンツの検索順位はどの位置なのかなどの目安にできます(必ずしも自社サイト自体の検索順位と同じというわけではありません)。

メモ

文字通りメモです。
何か気づいたこと、次に起こすべきアクションなどを書き込んでおくと良いでしょう。

◆ferret Oneでページを作成する

ferret Oneにログインし、ページを作成してみましょう。
基本的にドラッグ&ドロップでパーツを設置し、組み立てていく流れとなります。

下記のページにまとめていますのでご参照ください。
 

▷ ヘルプセンター:ページの作成方法について

 

 

◆ページ作成とブログ機能について

ferret Oneでは、基本的なページ作成機能の他に、ブログ機能をご利用頂けます。 ブログ機能では、テンプレートをあらかじめ用意しておけば、リッチテキスト形式でかんたんに記事の更新ができる機能です。 トップページや会社概要、アクセス、お問い合わせなどの基本となるページはページ作成機能が、コンテンツとなる記事ページはブログ機能が便利です。

▷ ヘルプセンター:ferret Oneのブログ機能について

 

 

◆基本的な記事ページの構成

下記のボタンから、実際に私たちferret Oneのトレーナーが運営している記事ページを見てみましょう。
このページは、基本的な記事ページの構成にならって作られています。まずはこの通りに、ページを作成してみましょう。
もちろん、この記事の体裁がすべて正しいというわけではありません。
ただ、最初はいわゆる「型」に沿って進めていき、慣れてきたらアレンジを加えていくのが望ましいでしょう。



ここまでの作業お疲れさまでした。

私たちトレーナーはお客さまがより具体的で補足になる情報を
ferret Oneマーケティングガイドというブログで日々発信しています。

ぜひこちらも活用して、より完成度の高いサイト制作を進めていってください。


 

このセクションを読んだ方へのオススメの記事はこちら